都会を飛び出して新規就農を始めてみませんか

最近は、大学を出ても新規に就職できないこともあります。本当は会社で出世しようと思ったけどなかなか職がない方、やりたいことが見つからない方。狭い窮屈な都会を飛び出して、新規収納を始めてみませんか? 日本の食糧自給率は年々減少傾向にあります。高水準を誇る米でさえも、最近は他国との貿易の際に輸入をするようになり作付けも減り、脅かされつつあります。 日本にはかつて多くの農耕地が存在しました。しかしそれも、ほぼ戦前、戦争終結直後のことです。高度経済成長期、バブルを経て日本は工業化が進んでいます。それに伴い地方の農村では年々人が減り、農地の後継者もだんだんと消えていきました。そこで今、職業としての農業が注目されつつあります。農業は今、新しい労働力を求めています、

得た報酬は全額あなたのものです!

農業はその昔より、兵農分離や江戸の身分制度からも見られるよう、多くの人には身分的に蔑視されがちでした。しかし、どの歴史においても一番多かった職業は農業です。人は食べなければ生きていけず、そのためには食料を生み出す職が必要です。 農業というのはみなさんが誤解しているだけであってとても素晴らしい職業です。あなたの努力次第で貰える報酬も増えますし、他に人を雇わない限り、全てあなたの収入です。時間に縛られる必要もありません。 不作などの問題点も確かにないとは言いきれません。ですが、リスクのない仕事は存在しません。それに農業は、作り続ける限りニーズは永遠に存在するので競合しにくいです。 何より、同じ種類の作物を出荷すれば既存のニーズに割り込めるので、売り込む時に外れにくいです。

第二の職業 新規就農いかがでしょう?

近年、農業の必要性を再認識したら地方の自治体や農協では新規就農者に対するサポートを行うところが増えています。 サポートの内容としては給付金を給付するのが主です。他にも新規の農業従事者への技術的な研修を行うところもあります。また、農業の開始に際して、土地の購入をする必要はなく、借用という形も、とることができるので助成金などを活用すれば、金銭面での問題もさほどありません。 多くの地方の農村は労働力を求めています。意欲と体力さえあれば両手をあげて迎えられることでしょう。 機材などは高額なので揃えるのは難しいかもしれませんが、自治体によっては貸し出しを行っているところもあるのでそこまで心配しなくても大丈夫です。 ここまでは気軽に書いてきましたが、もちろん必要なスキルもあります。まずは近所の方々との社交スキル、これは作物を卸す時にも必要です。また、資金計画もきちんと立てて望んでください。

無料で会員登録が行えて、それによって便利に仕事が探せたり、職業紹介サービスで一人一人に合った仕事を紹介してもらえます。 農業・畜産業での転職を検討されている方に農業のお仕事をご紹介しております。 当社のご紹介する「農業体験」で、その地域に溶け込んだ生活づくり、自然の恵みの実感を味わってみませんか。 新規就農でやりがいを見つけよう